いんでっくす

はじめまして、えーしゅんと申します。

本ブログ『大海工房』(たいかいこうぼう)では、えーしゅんが制作したフリーゲームを紹介しております。また、ゲーム制作、イラスト、プログラミングなどの創作活動やフリーゲームのプレイ感想記事を取り扱っていきます。よろしくお願いします。

以下、制作したゲームの一覧です。どれもおもしろいので是非プレイしてください。

 フィジカル勇者

f:id:Asyun:20170921230053p:plain

f:id:Asyun:20170909173413p:plain  f:id:Asyun:20170909173530j:plain

コメディ寄りの短編RPGです。想定プレイ時間は30~60分です。

身体能力面にステータスを全振りしたクールちょい天然勇者のギルバと、それに振り回される魔法使いのラティアのやり取りが見どころです。

2016年に開催されたニコニコ自作ゲームフェスMVで敢闘賞(ポジティブ賞)を受賞しました。

<RPGアツマール>

https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm779

 

ピエピエ!!

f:id:Asyun:20170909170926p:plain

f:id:Asyun:20170909173734j:plain  f:id:Asyun:20170909173820j:plain

こんなタイトル画面ですが鬼ごっこホラーゲームです。グロ目。

想定プレイ時間は30~60分です。

2017年夏に企画されたホラーゲームトリビュート参加作品です。

 

<RPGアツマール>

https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm3606

<ふりーむ!> ダウンロード版あり

https://www.freem.ne.jp/win/game/15773

【イベント感想】ニコニコ自作ゲームフェス2018 ゲームクリエイターズ勉強会

f:id:Asyun:20171104092655j:plain

 

はい!!自作ゲームフェス2018 ゲームクリエイターズ勉強会参加してきました!!!!

イベント名通り、ゲーム制作者のための勉強会です。勉強会の細かい内容はみなみよつばさんの記事でまとめられているのでそちらを見てください。僕は好き勝手に感想かいちゃいます(笑)

gametkool.com

 講演:「ゲームを創る力を上げるには」保井俊之 氏

ゴッドイーターなどを手掛けたディレクターの保井氏の講演です。

結論は「ボカロの動画を創ろう」「RPGアツマールに投稿しよう」の2つでした。

最初にネタっぽくこの2つを一言ずつで説明されて冗談なのかなとも思いましたが本当でした。流石プレゼン上手です。

ボカロ動画を創ろうというのは、ゲーム制作に必要な能力をバランスよく身につけられるからとのこと。絵・音楽・動画・UXなどなど、これらは全部ゲームに必要な要素です。

僕は動画を創ったことないのでドキッとしました。だって作ろうと思ったことないんだもん・・・。でも今作ってるプロモーション用の動画なら作ってみたいと思えるかな。

保井氏、すごいディレクターなんだなというのが伝わってきました。なんでもやる。なんでもできる。あとコミュニケーションが上手です。ディレクターはオールラウンダーじゃないとできないんでしょうねー。いろんな人を繋げる役割なのでそりゃそーか。

 講演の中であった質疑応答の模様です。

Q1.頂いたコメントの取捨選択ってどうやっていますか?

  • 精神衛生上良い物、悪い物を分ける
  • 「痛い!そうそう!」など、そういうのを残す
  • 量を見る。たくさん出ている意見はそれだけ信憑性がある。

Q2.作ったミニゲームの中で手ごたえのあったネタはなんですか?

  • 1m走です。

Q3.90分を飽きずに遊ばせるにはどうしたらいいですか?

  • ゴールを定めて、ここで何が起きる、などの全体プロットをつけておく

Q4 創作モチベーションを保つにはどうしたらいいですか?

  • 全く違うことをやる
  • 違うものを創る。シリアスなものを作っているならギャグをやるなど

Q5.どうやってディレクターになったんですか?

  • 平たくいろんなことをつなぐ仕事をやっているとディレクターになりやすい
  • あとやりたいことを明確にする。

 

講演:「ゲーム制作においてアガる瞬間とは」らむらむ 氏 ところにょり 氏

 続いてはディレクターではなくて個人で制作されているお二人の講演です。

らむらむ氏によれば、アガる瞬間とは良い感情が溢れたときとのことです。10分に一回それをやれと。うーん難しい。悠遠物語というフリーゲームは2年半もかけて作ったらしいのですが、気合がすごいです・・・。でも可能な限り6カ月で作ったほうがいいとも言ってました。まー、長引くほどしんどいから共感します。

ところにょり氏はUnityでバズッているゲームを作ったそうです。すいません。ひとりぼっち惑星知りませんでした・・・。この人は天才という感じですね。制作歴2年半でこれって・・・。すごい・・・。デザインセンスが半端ない。自分の出来る範囲でハイセンスなものを選んだそうです。語り口は完全に関西の面白い人という感じでテキトーに喋ってる感じだったのですが、根っこにすごくしっかりした考えを持っていました。

「ゲームを売るのではなく作家を売る」という言葉、すごく響きました。だれが作ったゲームか分かるように作っているそうです。そういう戦略を考える力が半端じゃないという印象でした。

 

講演:ゲーム実況 カモ君氏、KADA氏

 実況者さんが実際に実況するゲームを選ぶ事や実況を実演してくださいました。

流石お二人ともトークが上手い。実況していただくためには「おっぱい」か「うんこ」の要素をいれると選ばれやすいということが分かりました。(重要)

そうでなくても、やはりサムネ、説明文、スクリーンショットは大事だとおっしゃってましたね。あとプレイ時間。2~3時間までがやりやすいそうです。

サムネ→プレイ時間→スクショ→説明文という順番で確認してたかな?

あと美少女サムネはバキューム力がやはりすごいみたい。

ちなみにカモ君さんは僕のゲームを一番最初に実況してくれた人なのです。カモ君さんと会うために今回の勉強会に参加したと言っても過言ではありません。懇親会でいっぱいお話しできてよかったです。

 

ワークショップ1:即興でゲームのコンセプトを考えてみよう

 グループに分かれて各人5分でゲームコンセプトを考える。で、グループ内でローテーションして、他人のゲームコンセプトを改善する。というのを3回行いました。で、最後にグループの中で最も良いと思うものを投票してみんなの前で発表するものです。

f:id:Asyun:20171104213138j:plain

 僕のグループで発表したのは

1回目:メルヘンな動物の世界観で血みどろに集団で協力して食糧の奪い合いを行う

2回目:メルヘンな世界観を3Dでリアルな表現にする

3回目:けものフレンズ的な世界観で「すごーいキミは殺戮が得意なフレンズなんだね」「たーのしー!!」とする。

と変遷していきました。結果としては

けものフレンズ的な世界観を3Dで表現しながら血みどろに集団で協力して食糧を奪い合うアクションRPGとなりました。

結構気に入ってます。なお、4人グループで僕は一切手を加えなかったコンセプトがちょっとだけ悔しいです・・・。

 

ワークショップ2:相互フィードバック

持ち込んだゲームをおたがいにプレイして感想を言い合うものです。完成、未完成は問われませんでした。時間の都合でかなり駆け足だったのが残念なところです。でも目の前でプレイしていただくのってのはやはりかなり参考になりますね。

 

総評

超楽しかったです。本番はもちろん、懇親会でいろんな方と話しができたのが楽しかったです。小学生並みの感想ですね!でも楽しかったんです!!

 

 

【フリゲ感想】ノレイーダの酒場(おっぎーさま)

f:id:Asyun:20171015163206p:plain

 

おっぎーさん作のノレイーダの酒場

どこかで見覚えのある酒場がタイトルなゲームです。ま、まぁたまたま字面が似ているだけで関係ないのかな?ないよね??

ノレイーダっていう酒場の店主が勇者や戦士たちにクエストを出しながらストーリーが進行していくという放置ゲームです。つまりエストを実行する側ではなく、クエストを貼り出す側の視点にたった放置ゲームですね。このマップで全部のストーリーが進みます。

 

なにかの片手間にちょこちょこやってました。実プレイ時間はそんなにいってないと思いますが、1週目クリアするまで随分長いことやってたなという感覚があります。プレイ履歴みると6時間・・・。結構開きっぱなしで放置してたので実際のとこよくわかりません。

 

放置ゲームって個人的には退屈であんまりやらないんですけど、これはなぜか続いちゃいました。ルールがシンプルかつ結果が早めに返ってくるのが楽しかった。「あのクエストどうなったんだろう?」と思ってもリアルでトイレに行ってる間に帰ってきたりしてるので結果が分かるのでテンポよく進みます。部屋の掃除してるときに3分に1回確認しにいって全然進まなかったりもしました(汗)

 

アツマール特有の現象なんですけど、コメント見て「んん?そんなことがおこるの??」とワクワクしながらやっとりました。コメント流しながらやるの推奨です。

 

ネタバレになるのであまり語りませんが、システムのメタ事情とストーリーの絡め具合が秀逸ですね。実はこれが○○で~~~とか語りたい・・・。けどプレイする人にはそれを分からずにやってほしい。

 

今日もバージョンアップがされてたし、今後もされるのかな?

ちょこちょこプレイしてみよう。

ここからプレイできますのでみなさんもどうぞ!

https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm3796?link_in=play-histories

 

 

 

 

 

【フリゲ感想※ネタバレ注意】異世界勇者の殺人遊戯《デスゲーム》(ラフゲームさま)

 

f:id:Asyun:20171001161504p:plain

 

異世界転生×デスゲームなゲームです。現在3章まで公開中。次かその次くらいで終わりかな?

2016年に開催された自作ゲームフェスMVの最優秀賞相当の賞を受賞した作品。

メディアミックスでマンガ化もされております。夢が拡がりますね。

 

どんなもんだろう、と思ってやってみたのですが・・・、うん、おもしろい。

お話しの続きが気になる気になる。

展開はかなり弾丸に論破する作品に似てます。所謂異世界に召喚された勇者が一同に再召喚され、デスゲームを繰り広げるというもの。デスゲームものが好きな方は楽しめるかと思います。

 

以下のURLからプレイできます。

https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm1057

 

以下※ネタバレ注意

続きを読む

【フリゲ感想】ツクールMV学園(コミュ将さま)

https://fpicboy.com/10350/w500/h0/mratio/ejpg/?dd315b3d22ae746e33b071c9b56241d1

コミュ将さん作の『ツクールMV学園』です。

「ぺぺこ」と「とろーち」が繰り広げるドタバタ短編RPGです。

いやー、すごく好みです。こういう女の子と男の子のコンビ物はすごく好き。それぞれ個性もあるし。やりとりを見ていたらニヤニヤしてしまいます。

ぺぺこちゃんは普段ちょっと男勝りだけど時たま見せる女の子の反応がかわいいですね。とろーちくんも普段ヘタレっぽいけどやるときはやる男の子で、こっちもかわいい。すごく好みだ(大事なことなので2回言いました)

 

エンディングも5種類あって、しかもしれぞれが結構凝っている。正統派なエンディングもあるし、笑えるやつもあるし、バッドエンド気味なものもある。ただエンド2だけ見つからなかったな・・・。条件どうすればよかったんだろ。

 

主人公コンビ二人以外も個性が強くてよろしい。特にあの通行証がないと通してくれない兵士(門番?)が俺はお気に入りだな。細かい設定があるんだろーな、と思えてくる。これはもっと話広げてほしいな。

 

ちょっと調べてみた感じ、ふりーむで公開されている初のツクールMV作品なのかな。公開日が日本での発売日前だもんね。作っている者としても参考になる点は多いですね。戦闘のオリジナル絵のアニメーションとか・・・。マップの情報量とか・・・。それぞれ見ているだけで楽しいもん。

 

短編だけど中身がすごく濃くて満足度が高かったです。

プレイしていない方は是非プレイしてみてください。

www.freem.ne.jp

【フリゲ感想】キミのことめっちゃ触りたい!(コミュ将さま)

https://fpicboy.com/15673/w500/h0/mratio/ejpg/?7186a21e28cf14764a4e24af227c1946

 

『キミのことめっちゃ触りたい!』

女の子の身体をツンツンするゲーム。

とりあえずおっぱいツンツンす(ry

普段はツクールMVの素材を作っていらっしゃるコミュ将さんの作品です。

 

Live2Dでぽえ子ちゃんがフルフルと揺れます。

うん、かわいい。

Live2Dでこんなこと出来るんだなぁ・・・。

アホなノリがなんとも魅力的です。

 

ふりーむでプレイできますので是非どうぞ

www.freem.ne.jp